吉名莉瑠とは?映画テイクオーバーゾーンでジェムストーン賞を受賞!

吉名莉瑠が第32回東京国際映画祭でジェムストーン賞を受賞しました!

しかも映画では初の主演作です。

映画は「テイクオーバーゾーン」

吉名莉瑠は実はまだ中学生なんです。

今回は「15歳、吉名莉瑠」にスポットをあててみました!

スポンサードリンク

吉名莉瑠とは?


・生年月日:2004年9月22日(15歳)
・出身:高知県
・血液型:O型
・星座:おとめ座
・所属事務所:adesso(アデッソ)
AIの6期生

この「AI」とは?
ACTRESS INCUBATIONの通称で「AI」
女優(アクトレス)の卵を育成する、孵化装置(INCUBATION)として2012年に設立された女優養成プロジェクトです。

※人工知能ではありません(^^♪

・特技:ダンス(HIPHOP・JAZZ)

映画では2016年「please please please」に出演
JR東日本「北海道新幹線ダンス少年来るぞ!!篇」にCM出演

今回、ジェムストーン賞を受賞した初主演映画「テイクオーバーゾーン」は、なんとオーディション160人の中から選ばれたのだとか!

映画「テイクオーバーゾーン」とは?

監督:山嵜晋平
脚本:岩島朋未

キャスト:吉名莉瑠・糸瀬七葉・森山瑛・合田雅吏・川瀬陽太・内田慈 etc

第2回脚本大賞を受賞した「シナリオ」を映画化した。主演に吉名莉瑠を起用!
中学の陸上部を舞台に複雑な家庭環境をもつ14歳の少女の葛藤と成長を描いた映画である。

親の離婚・再婚、実の弟と自由に会う事もできない、、、母親の再婚相手は同級生の父親、、、など本当に複雑な家庭背景となっています。

撮影は監督の山嵜晋平の出身地、古都・奈良で撮影されている。

ジェムストーン賞とは?

2019年、第32回東京国際映画祭で吉名莉瑠が15歳にしてジェムストーン賞を受賞しました!

そのジェムストーン賞とはいったいどんな賞なんでしょうか?

ジェムストーンとは「宝石の原石」の事です。

このジェムストーン賞は東京国際映画祭のビジョンの1つに掲げた「映画の未来の開拓」に沿って、宝石の原石のような輝きを放つ若手俳優を見出して、顕彰し、世界に紹介する事でその若手俳優がさらに輝きを増す一助になる事を目的として2017年に設立しました。

【対象】

・東京国際映画祭に出品される全作品

・映画祭事務局が男女問わず日本と世界の若手俳優を数名選出する

第31回のジェムストーン賞の受賞者

・木竜 麻生(きりゅう まい)
・リエン・ビン・ファット
・カレル・トレンブレイ
・村上 虹郎(むらかみ にじろう)

第32回のジェムストーン賞の受賞者

・「ディスコ」主演のヨセフィン・フリーダ
・「タイトル、拒絶」主演の伊藤沙莉
「テイクオーバーゾーン」主演の吉名莉瑠
・「”隠れビッチ”やってました」主演の佐久間由衣

まとめ

第32回東京国際映画祭で15歳の吉名莉瑠がジェムストーン賞を受賞した。

ジェムストーン賞は宝石の原石の輝きを秘めていると評価された若手俳優数名に対して与えられる賞で、受賞者の存在を世界に広められるので分かれ俳優にとって非常にモチベーションがあがる賞です。

今回は15歳の吉名莉瑠が受賞し話題になりました。

中学生で初主演の映画「テイクオーバーゾーン」で受賞し、まさにジェムストーン賞にふさわしいと言えます。

まだまだ知名度が低い吉名莉瑠ですが、これを機に注目を浴びるのは間違いないでしょう!

20歳にはどんな素晴らしい女優さんになっている事でしょうね(^^♪

乞うご期待!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。