3時のヒロイン優勝?【2019年女芸人No.1決定戦THE W】

12月9日の女芸人No.1決定戦THE Wに出場が決定した「3時のヒロイン」!

まだ知名度は低いが実力はある女芸人です。

女芸人No.1決定戦THE Wは今年で3回目!

前回の優勝者は阿佐ヶ谷姉妹で、なんと今回も出場が決定してる。

トーマスDの個人的な見解では、、、

阿佐ヶ谷姉妹は2連覇を狙っているが歌ネタでは2連覇は難しいと予想しています。

今回は「3時のヒロイン」にスポットをあててみました!

スポンサードリンク

女芸人No.1決定戦THE Wに出場の「3時のヒロイン」とは?

3時のヒロインとは、3人トリオの女芸人です。

所属は「よしもとクリエイティブ・エージェンシー!

【メンバー】
福田 麻貴(ふくだまき)
ゆめっち
かなで

【福田 麻貴(ふくだまき)】
・ツッコミ(しゃべりも落ち着いていて聞き取りやすい)
・立ち位置:中央
・ネタ作り担当
→他事務所のアイドルや劇団にコントや芝居の脚本を提供した事もある。
・生年月日:1988年10月10日(31歳)
・出身:大阪府
・血液型:O型
・高校時代ダンスサークルに入っていた事もありダンスが得意である。

※よしもと発めっちゃオモロいアイドルつぼみの元メンバーでもある。
→過去に組んでいたコンビ名
・マキヨ
・アイカギ
・キス

【ゆめっち】
・ボケ担当
・立ち位置:向かって左側
・生年月日:1994年11月17日(24歳)
・出身:熊本県
・血液型:A型
・得意なモノマネ「加藤ミリヤ」

※以前組んでいたコンビは「ゆめみがち」

【かなで】
・ボケ担当
・立ち位置:向かって右側
・生年月日:1992年6月10日(27歳)
・特技:ダンス(ヒップホップダンス、クラッシックバレーなど)

※以前組んでいたコンビは「ハラペコパンジー」で男女のコンビ芸人である。

三人とも喋り方がはっきりしているのでオチが聞き取りにくいという不安はない。
中央に位置するツッコミの福田麻貴のまとめ方が上手いので安定したトリオ漫才が成立している。

3時のヒロインの賞レース成績

【M-1グランプリ】

2017年と2018年ともに3回戦進出

【女芸人No.1決定戦THE W】

2017年と2018年ともに準決勝進出

※今回2019年は決勝進出!

【キングオブコント】

2019年 準々決勝

そろそろ優勝の経験もでてきてもいい頃かもしれないですね(^^♪

「3時のヒロイン」が女芸人No.1決定戦THE Wで優勝するためには?

今回、女芸人No.1決定戦THE WではAブロックの最後5番目でネタをやります!

強敵は「123☆45(イズミヨーコ)」ではないかと思われます。

Aブロックではピン芸人の「そのこ」も出ますがピン芸人はツッコミ担当がいない為、コンビ芸人やトリオ漫才と比べるとオチが弱い気がします。
となると「ハルカラ」「123☆45(イズミヨーコ)」あたりが強敵になってくるのではないかと予想されます。

個人的には「123☆45(イズミヨーコ)」が強敵かと思います。「123☆45(イズミヨーコ)」には「ネタの安定感」や「ルックスがカワイイ」という強みがあり、Aブロックの1位候補で優勝候補ではないかと予想します。

ネタ次第ではありますが、生放送という事でオチが聞き取りやすいという安定感がある「3時のヒロイン」にも十分に優勝できる可能性があります。

まとめ

12月9日の女芸人No.1決定戦THE Wに出場決定した「3時のヒロイン」、優勝する可能性は十分にあります。

THE Wという大会は10組が決勝進出する中でまずはAブロック5組とBブロック5組に分かれてそれぞれのブロックの1位を決めます。

今回、「3時のヒロイン」はAブロックで参戦です。

Aブロックには今年新人ホヤホヤの「そのこ」がいます。

しかもピン芸人です。

となると生放送での盛り上がりはトリオ芸人の「3時のヒロイン」が有利と考えられます。

強敵は「123☆45(イズミヨーコ)」です。

ルックスもネタの運びもなかなかの強者です。

Aブロックで「3時のヒロイン」が1位になり、Bブロックで「紺野ぶるま」か「阿佐ヶ谷姉妹」が1位になると「3時のヒロイン」が優勝する可能性が高くなります。

個人的な予想ですが、阿佐ヶ谷姉妹の2連覇はないと予想しているので「紺野ぶるま」がBブロックの1位になった場合、ツッコみがいないピン芸人が2本目のネタでどれだけ盛り上がるのか、、、という事を考えるとトリオ芸人のパワーで盛り上がって優勝という流れも考えられます。

とにかく12月9日の女芸人No.1決定戦THE Wが楽しみですね(^^♪

乞うご期待!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。