篠原梨菜アナ、大学時代(東京大学)に入るまで中学、高校の道のり!

最近、テレビでちらほら見かける篠原梨菜さんですが、実は東京大学卒業の超エリートなんです。

東京大学に行くという事は、それまでにどんな学生生活を送ってきたのでしょうか?

気になりますね!

今回は篠原梨菜さんの学生時代にスポットをあててみました!

スポンサードリンク

篠原梨菜とは?

神奈川県出身のTBSアナウンサー
・生年月日:1996年10月29日(22歳)
・血液型:O型
・最終学歴:東京大学法学部第一類卒業

TBS入社前の活動

・まざましテレビアクア「フジテレビ、お天気キャスターとして出演」
・めざましどようび「フジテレビ、お天気キャスターとして出演」
・クイズプレゼンバラエティーQさま!!
・本能Z

TBS入社後の活動

・東大王
・開運音楽堂

※東京大学卒業を活かしてクイズ番組に出演する機会が増えそうですね!

実はミス東大コンテストでグランプリ受賞者!!

東京大学駒場キャンパスで「ミス&ミスター東大コンテスト2016」が開催されました。

実はその時のミス東大に篠原梨菜さんが選ばれたのです!

東京大学を卒業できる学力があり、ミス東大に選ばれる容姿もあり、アナウンサーになれる滑舌がある篠原梨菜さん!!

天は二物を与えず?どこから生まれた言葉やら、、、と言いたくなるくらいのルーキーじゃないでしょうか?

2020年は大活躍の年になるのではないでしょう!!

篠原梨菜の学生時代に注目!

東京大学卒業で頭がいいのは分かるんですがいったいどれほどなんでしょうか?

中学時代:川崎市立高津中学校(公立中学校)

篠原梨菜さんは中学時代から勉強ができていたみたいですね。
実は文部科学大臣賞を受賞するなどの功績を残しています。

部活はバドミントン部で「シャトルの羽はなぜ必要か?」というタイトルの論文を書き、文部科学大臣賞を受賞したのです!(第55回日本学生科学賞)

高校時代:東京学芸大学附属高校

東京学芸大学附属高校とは偏差値でいうと75くらいのエリート学校なんです!
軽音楽部に所属していたんです。
楽器の担当はというと?

ベース!

なんと篠原梨菜は「ベーシスト」なんです!

東京大学卒業でアナウンサーというと勉強ばっかりしてたのかな?とか思いがちですが、
そうではないんです!軽音楽部でベースを弾いてたんです。
そして勉強もしてたんです。

すごいな、、、

ベースしてたらベースにのめり込みそうだけど、、、勉強もしてたとは、、、

きっとメリハリをつける事ができる性格なんでしょうね!

ベースを弾いたら「東大受験専門塾」に通う、そうなんです!初めから東大をめざしてるんです!
それでいて音楽もやる、凄いとしか言いようがないですね。

そして東京大学合格!

凄いわかりやすいエリートコースですね!

こんなレールがひかれていても僕なら進めないな、、、実力がないとエリートコースなんて進めませんね!

まとめ

篠原梨菜さんの学生時代、意外にも勉強ばっかりじゃなかったんです!

中学時代はバドミントン部で体を動かし、バドミントンにちなんで「シャトルの羽はなぜ必要か?」という論文で日本学生科学賞を受賞したり、、、勉強とスポーツがいい感じで混ざりあってますね!

高校時代は軽音楽部でベースを担当するなど意外な一面を見せつつ東大受験専門塾に通う、、、

両立ができる人って本当にいるんですね、、、僕の周りにもいたのかな、、、

このように両立ができて東京大学まで卒業した篠原梨菜さん、これからテレビで引っ張りだこ候補じゃないですかね!

来年2020年は引っ張りだこになっていると予想します!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。