メガネを買う時に知らないと損をする3つの事!失敗しない為には?

知らないと損をする3つの事!

こんにちは、1級眼鏡作製技能士のローシーです!

メガネを買う時に知らないと損をする3つの事があります。

はじめてメガネを作る人、これからメガネを作る予定の人は必見です。

参考にしていただけると幸いです!

知らないと損をする3つの事【メガネ編】

メガネという商品は基本的には購入時にすぐ受け取る事ができないものです。
選んだフレームと選んだレンズを購入した後に加工してもらう必要があるのです。

知らないと損をする3つの事
①メガネの処方箋は必要ではない

②急がないからゆっくり作っていいよ、が裏目にでる

③無駄なオプションを買わされる

①メガネの処方箋は必要ではない

メガネの度数はメガネ店で測って決める事ができます。
眼科に行く必要はありません。

ローシー
眼病があるかないかは眼科でしかわかりません!

しかしメガネの度数に関してはメガネ店で希望を伝えると合わせてもらえます

少しでも安くメガネを購入したいのに、わざわざ眼科に行って5000円近くお金を払って度数を決める必要はないのです。

ありがちな間違った考え方ですが、安いメガネ店は不安だから度数は眼科で測れば安心!と勘違いをしている人が多いのです。

逆に疑問に思うのですが「なぜ眼科だと安心なのでしょうか?」

医師がメガネの検査をしていると思っているのでしょうか?
メガネの仕事の経験者がいない眼科では特に度数の合わせ方に熟知できる事はありません。

メガネを熟知する為にはメガネを実際に作ってみないと分からない事が多いのです。

この度数にこのフレームは不向き、装用感が悪く使いにくいメガネになるなどは度数合わせしかしない眼科スタッフには分かりえないのです。

度数に関してはメガネを専門に商売をしているメガネ店の方が詳しい事が多いのです。

なぜこんな度数を合わせる為に診療費1500円~2000円と処方箋代約2200円などのお金を使うんだろうと思う事が多々あります。

メガネ店では無料でできるのになぁ、と思ってしまいます。

しかも処方箋を持っていくとメガネ店では度数の変更ができなくなるので不便な事ばかりです。

そもそも度数を信用できないと思うメガネ店では買わない事です。
安いから悪い、高いから良いという考えの人はそもそも損をする可能性が高いですので要注意です。

現在のメガネ店は使っている機材が物凄く優れています。

極端に言えばアルバイトスタッフの人が測ってもベテランスタッフが測っても大差はありません。

アルバイトスタッフとベテランスタッフの差が出てくるのは「提案力」と「説明力」です。

同じ度数でも、メリットとデメリットの説明があるのとないのでは雲泥の差になります。

しかし出来上がる度数に大差はありません。心配はいらないのです。

ローシー
度数がズレる場合は眼科であってもメガネ店であってもズレます!

眼科だからズレないという事はありません

②急がないからゆっくり作っていいよ、が裏目にでる

忙しそうなお店の状況に気を遣って「急がないからゆっくり作っていいよ」と言っていただけるお客様がいます。それは急いで作られて雑に作られたくないという気持ちも含まれているのですが、実はこれは裏目に出ている事が多いのです、要注意!

どういう事かといいますと、忙しいお店のメガネ加工は納期の近い順番に作ります。
ゆっくり作っていいからと時間を長くしてあげると、

まだ間に合う、まだ間に合う

単純に後回しになるだけで、加工作業の精度は変わりません。

最悪な場合、ギリギリまで後回しにしてしまい慌てて作るという雑な状態にされる事があるのです。

1日でできるメガネを3日後に受け取りに来るからゆっくりでいいよ、といってしまったばかりにバタバタ作られる原因になっている事があるという事を知っておきましょう!

③無駄なオプションを買わされる

無駄に薄型レンズや超薄型レンズを勧められて買ってしまう人が多いです。
厚みの説明を受ける時にレンズが厚いから薄型レンズがいいですよ、または超薄型レンズがいいですよ、と提案される事があります。
しかし、たいして違いがなかったり、特におかしくない状態でありながら超薄型レンズを買っている人が多いのです。

酷い場合は超薄型レンズを買ったのにコバ厚指定でせっかく薄型を買ったのに厚くして作られている場合もあります。

コバ厚指定・・・レンズのフチの部分など指定した位置をあえて厚くするレンズ発注方法があります。
超薄型レンズを買って薄くしてもらう予定が、わざと厚くされる事があるのです。

プラス度数の人がフチなしメガネを選ばれた時などにおこります。

まとめ

メガネを作る時に失敗しないためには、知らないと損をする3つの事があるのを覚えておきましょう!

知らないと損をする3つの事

①メガネの処方箋は必要ではない

②急がないからゆっくり作っていいよ、が裏目にでる

③無駄なオプションを買わされる

参考にしていただけると幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

1級眼鏡作製技能士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務10年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。