Amazonカスタマーサービスに電話して話す方法!つながりやすい

Amazonで買い物する人は多いと思います。

私ローシーもその一人です。

夜中に購入した物が翌日には届いているビックリするほど便利なサイトです!

しかし逆もあるのです。

買ったものが1週間たっても届かない、、、

そんな時はAmazonカスタマーサービスに連絡を取ればある程度の解決ができます。

こんな人に読んでほしい
今回の記事は、Amazonカスタマーサービスと連絡が取れなくて困っている人向けです。(スマホ向け)
スポンサードリンク

Amazonカスタマーサービスに連絡をとる方法

買った物が届かない、または買った物と違った物が届いたなど困る事があります。
そんな時はAmazonカスタマーサービスに連絡を取れば大丈夫です!

しかし現在、Amazonカスタマーサービスと電話連絡が取れなくて困る、イライラする人が続出しているのです。

Amazonカスタマーサービスに連絡を取る場合の手順

注文履歴

問題があった商品

出品者に連絡をする

注文済み商品

・この商品はいつ届きますか?
・この注文が届いていません

などの中から選択します。

しかしこの手順ではオペレーターとは話が中々できません。
Amazonのチャットで対応という場合が多く、オペレーターと話たいと選択しても中々つながらない事が多いのです。

購入に不安を感じた人が連絡している訳ですから、つながらない→不安増大→イライラする

という流れで悪循環となるのです。

オペレーターと直接話したいとチャットに入れてもAmazonがその必要性を感じないと繋がるボタンが出てもない状態、、、

僕もオペレーターと話したいのに中々つながらない状態で、たいして怒ってなかったのにオペレーターと繋がった頃には怒りがMaxになっていました。

しかも一度電話が切れるとまたオペレーターとはつなからない状態が永遠に続く感じでした、、、

オペレーターにその状況を話しても、何かを読んでいるような棒読みで「大変申し訳ございません」というだけ、、、

そんな中、比較的にオペレーターと連絡が取れる方法がわかりました。

この方法だと普通にAmazonカスタマーサービスから指定した電話番号に電話がかかってきます。

一度ためしてみてください。

こちらを試してみよう!
カスタマーサービスへのお問い合わせは https://www.amazon.co.jp/contact-us からどうぞ!

上記URLにスマホから入ると

カスタマーサービスへのお問い合わせ
・チャットでのお問い合わせ
・Amazonに電話をかける

の選択肢がでてきます。

・Amazonに電話をかける
を選択します。

お問い合わせ内容
・注文内容について
・アカウントについて
・Amazonプライム会員
・デバイス-Fire Table、FireTV、エコーなど

注文内容について  を選択します。

すると「カスタマーサービスへ連絡」というボタンがでてきます。

再度問い合わせしたい商品を選択し、連絡が欲しい電話番号を入力すると即かかってくる、という流れです。
100%ではないですが試してみる価値があります。

ちなみに僕はこのやり方でストレスなしにAmazonカスタマーサービスと連絡がとれました。

スポンサードリンク

まとめ

Amazonカスタマーサービスと連絡がとれない、と不安やイライラを抱えている方は今回の方法を試していただくとつながりやすいです。

こちらを試してみよう!
カスタマーサービスへのお問い合わせは https://www.amazon.co.jp/contact-us からどうぞ!

Amazonというサイトは本当に便利なサイトです。
欲しいものが自宅で見つかり、それが翌日は手元に届く最高のサービスです。

しかし、Amazonを利用して出品している人の中には無在庫販売という方法で利益を出そうとしている出品者がいるのです。
そんな出品者から物を購入するとなかなか物が届きません。

届かない理由は、販売してから物を手に入れようとするからです。最悪な場合、売れた商品が手に入らず販売を取り消しするなどガッカリする事があります。

以前、僕がヤフオクに出品していた物がそのままAmazonで出品されていてビックリしました。
自分の手元にある商品がAmazonで販売されていたのです。
しかも写真は僕に自宅で撮った写真です、、、

このようにAmazonでは残念な思いをする事があるのも事実です。
そんな時にスッキリ簡単にカスタマーサービスに電話でつながればストレスも少なく済みます。

上記の方法でやってみるとすぐにAmazonカスタマーサービスと連絡がとれる可能は高いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。