【車中泊禁止!】道の駅は公共施設、ご利用もマナー次第!

こんにちは、トーマスDです。

最近、道の駅の車中泊が禁止って声があがってるみたいですね!

しかし、まだまだ車中泊はOKです。

車の運転は無理してするものではありません。

疲れている時は少し車を止めて仮眠をとるのも重要な行動です。

しかし、車中泊禁止の道の駅があると、ちょっと30分の仮眠でも、

「ここは車中泊禁止ですよ!!」と注意を受けて、その度に体調を説明が必要になります。

それが嫌で休憩をとらずに運転を続行したら、、、危険すぎます!

しかし、なぜ道の駅で車中泊が禁止という声があがりだしたのか?

こたえは、、、

マナー違反です!

一部の人のマナー違反で利用可能な事も禁止になるんです。

今回は「道の駅の車中泊」について調べてみました。

スポンサードリンク

道の駅は「公共の施設」

そもそも道の駅とは休憩施設と地域振興施設が一体となった公共の施設です。

日本の各自治体と道路管理者が連携して設置しています。

国土交通省に登録されています。

商業施設・休憩施設・地域振興施設が一体となった道路施設です。

全国で1160箇所以上あると言われています。

道の駅でのマナーについて

道の駅は利用者のとって大変ありがたい施設です。

運転は疲れている時に無理してすると大きな事故につながります。

疲れが運転中に突如としてあらわれる事もあります。

トイレがあり、休憩もできて、ちょっとした買い物までできる。

ドライバーからしたら物凄いありがたいのです。

それを休憩ではなく、、、

・居住地感覚で利用したり
・キャンプ行為をおこなったり、、、
・電源を無許可で使用したり、、、
・ゴミの不法投棄、、、

普通に考えたらやらない事ですね。

でもやってやれない事はないんです。

でもそこはモラル、マナーでわかる範囲なんです。

極論でいえば、日本中の皆さん全員が同じ事をしたらどうなるのか?

これを考えるとわかる事ですね。

自分だけがいい、自分だけならいい、という安易な考えが皆さんの便利な施設利用を

窮屈なものにしてしまうのです。

中には疲れ果てていて30分の仮眠を必要としている時に注意されて起こされる、、、

きついだけですね、、、

テントをはって休憩する、、、これって休憩ではなく宿泊では?

ひとりがやって、注意を受けないと別の人が始めます。

施設のベンチで寝転んだり、大量にゴミを捨てていったり、、、

このような事をするから、ゴミ箱自体がなくなってしまうんですね。

ものすごく不便です。

人間が便利に過ごしやすくする施設ができても、それを利用する人間が不便なものにしてしまう。

道の駅は公共施設、ご利用もマナー次第!(まとめ)

道の駅は商業施設・休憩施設・地域振興施設が一体となった道路施設です。

遠方(他県)の人々が車で長旅で訪れる事も多々あります。

車の運転中にトイレに行きたくなったり、眠気を覚ましたくなったり、飲み物を補充したり、、、

と、沢山の利用価値のある施設です。

お腹が痛くなった時にトイレを貸していただけたらどれだけありがたい事か、、、

喉が渇いて飲み物がない時に買えるところがあったらどれだけありがたいか、、、

道の駅を利用する側はもっと「ありがたさ」を思い出しましょう!

そこに家庭ゴミを持ち込んで捨てたり、キャンプを始めたり、、、、それはそれ専用の施設で行えばいいのです。

私の町の公衆トイレも、ほぼ毎回トイレットペーパーがありません。

どなたかが持って帰っているみたいですね、、、張り紙で持ち帰り禁止!と書かれていました。

この当たり前の事を張り紙にしないといけない状況はやはり利用者のモラル、マナーです。

公共の物は自分以外の人も使う事を常に頭に置いていれば、もしかしたらもっと便利な世の中に

なるのかもしれないですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。