【10月運動会】親の服装は両親ともに運動ができる姿で行くべき!

こんにちは、トーマスDです。

暑い時期は体力が奪われますね、、、何もしてないのに、、、

10月の行事といえば運動会!

運動会を観にいく服装って皆さんどうされていますか?

運動着と運動靴で行く人と普段着で行く人と分かれると思います。

子供の運動会、いつ親の出番があるかわかりません!

できれば運動できる姿で行った方がいいかと思います。

中学生や高校生の運動会で親が参加する競技はなかったと思いますが、

幼稚園や保育園、小学校の運動会までは運動できる姿で行くのがベターかと、、、

今回は運動会の親の服装について調べてみました。

何か参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

運動会での親の服装

運動会を観に行く時の服装って結構わからないですね。

どのような服装でいけば、その場で浮いた状態にならないかを考えてしまいます。

参加競技があるかもしれない、または自分が参加する競技がないとしても他の人は何かに参加するかもしれない、、、、

となるとやっぱり浮かない格好は、「動きやすい格好」です。

ジャージ上下である必要はありません。

親子競技がなかったとしても、カジュアルな服装で運動靴を履いていると好印象ですね。

競技に出場していなくても、何かに参加出場したのかな?っていう印象です。

学校行事で顔をあわせる大人同士です。

協力的な姿勢はお互いに好感が持てます。

ご両親を子供同士が互いに見ている

子供同士でお互いの親をみている事を意識してください。

お友達のお母さんお父さんを見ているのです。

子供心に自分のお父さんやお母さんが友達から褒められるのは嬉しいものです。

普段は運動しないから、運動会くらい間に合わせの服装でいいか、、、と気を抜いていると

意外に見られているものです。

子供のためにカッコいいお父さんを演じようとしているお父さんもいますし、

気を抜いていると大きく差をつけられるかもです。

お父さんのNGファッション

お父さんのNGファッションワースト5をご紹介!

・よれたTシャツと短パンとハイソックス
・お腹のシルエットがわかるサイズのシャツと短パンとハイソックス
・運動スタイルに革靴
・ランニングシャツとハーフパンツとハイソックス
・ジャージ上下

共通しているのはハイソックスですね。

ハーフパンツや短パンの7ように完全にソックス部分が見えているファッションにハイソックスは今の世代にはNGのようです。

社会に出た大人が身体の体形を維持できないのは仕方ない事です。

その維持できていない体形をいかにしてファッションでカバーするかがポイントですね。

無難なファッション お父さん編

子供目線と大人目線は違います。

正直なところ無難なファッションを目指すしかないのです。

無難な格好

上着
・ポロシャツ
・カラーのTシャツ

シャツはズボンから出した状態は必須です。

ズボン
・綿パン
・Gパン

ズボンはサイズがあったもの。腰パンに近いような状態はアウトです。

無難に清潔感がある服装を目指しましょう!

白は新品以外は汚れを感じなければOKです。

なるべく襟があるシャツを選ぶのが無難です。

お母さんのNGファッション

お母さんのNGファッションはオシャレを意識しすぎない事です。

あくまでも運動会という事を念頭において服装を考えてみましょう!

動きやすい格好、スカートはNG。

お父さん同様、競技に参加をしなくても動きやすい服装は好感を持たれます。

といっても、ジャージ上下にする必要は全くありません。

ジャージ上下はNGです。

お父さん同様に子供からも見られている事を意識しましょう!

お母さんの場合、特に自分だけがオシャレ過ぎない、という事を考えたファッションを意識すると答えが出てきます。

運動会での無難なファッション(お母さん編)

お母さんの無難な格好

スカートはNGです。

Gパンが一番無難です。

動きやすい事も考慮すると「スキニータイプ」

靴はスニーカー!

無難も無難です!スニーカーにしましょう!

上着はピチピチタイプはアウトです。

細身のシャツはOKでもピチピチタイプは避けましょう。

男性同様、維持できない体形は仕方ない事です。

ファッションでうまく隠すにはサイズがあっていてもピチピチは避けましょう!

運動会の親の服装(まとめ)

運動会を観に行く時は基本的にご両親ともに動きやすい格好で行きましょう!

動きやすい格好がいい理由は2点

・競技に参加する場合がある

・親子競技に出ない場合でも父兄として協力的で好感がもてる

基本的に爽やかな格好が好ましい

子供同士で互いの親を見ている事が多いので見られている意識をもって行事に参加しましょう!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。