夏といえば連想するのが海と山とカキ氷!これから夏の計画をたてる話

こんにちは、トーマスDです。

7月といえば夏休みの季節ですね!

学生さんがうらやましい!

社会人にとってはお盆休みですね。

休みが多いとうれしいですが、予定を立てない限り何もしないでアッという間に休みが終わってしまうことも、、、

そこで今回は夏の休みにしてみたいことをまとめてみました。

参考にして充実な夏のお休みをすごしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

夏といえば連想するのが「海」

夏の楽しみといえばやっぱり海ですね!

この海の為に春のうちからダイエットする人も多いくらいです。

実は私もTシャツを着る時の為に「二の腕だけは鍛える」という姑息な技を使ってました(笑)

海ならではの遊びを6つご紹介!

■スイカ割り

スイカと棒を用意しましょう!スイカに若干のお金がかかりますが食べる事を考えると買うしかない!

用意が必要な分、盛り上がって面白いです。

■ビーチバレー

広い場所を確保できるなら、なっといっても「ビーチバレー」です!

バレーは体育館でやるもの?

違います!海の横でやるバレーは格別なんです!夏休みの満喫間がたまりません。

ボールなどは海の家で貸し出しされているところもあります。(事前にチェックされるといいです)

一度お試しされることをお勧めいたします。

■ビーチフラッグ

大人になってマジで走ることってありますか?しかもヘッドスライディング気味に!

これが意外と盛り上がるんです。

会社やサークルのレクレーションでしたら景品など用意すると最高に盛り上がります!

トーナメント大会にすれば盛り上がる事は間違いなしです。

企画に困ったレクレーション担当の方、ぜひ試してみてください!毎年恒例行事になるかもですよ!

 

■水鉄砲

大人になって水鉄砲!これはかなり楽しめます。鉄砲ですからターゲットを好みで選べるわけです。

あまり関わりが少なかったお友達と少し距離が縮まります。

しかも楽しい!砂浜でも海に入ってもできます。

水鉄砲を人数分用意するという難点はあります。

夏が終わった時の保管場所も考慮して揃えましょう!

最近は海の家で貸し出し、という所もあります。(事前にチェックを)

■バーベキュー

夏といえばバーベキュー!しかも海でやるバーベキューは最高です!

汗も気にならないですし、外で飲むビールは最高です!夏の満喫感を味わえます。

「焼きたてのお肉と冷たぁ~いビール」お腹いっぱいになりますし、言う事なしです。

夏が終わる頃には、「今年の夏は楽しかった!」と充実感がある事でしょう!

■花火

夏の夜の定番は花火です!

子供の頃は夏休みに花火を何回できるか楽しみにしていました。

大人になっても同じです。

海は火の用心に困る事なく花火ができます。

後かたづけだけは守るようにしましょうね。皆さんが楽しめるためにはマナーが重要です。

花火を用意する時はゴミ袋も一緒に用意ですね。

どれも夏を感じてワクワクしますね!

夏の連想といえば「山」

山の醍醐味は自然です!夏休みに全身で自然と触れ合いましょう!

山で捕れる昆虫といえばカブトムシとクワガタですね。

子供の頃は早朝から森林公園に行って捕まえていたものです。

前日の夜にハチミツを木につけて翌朝が楽しみという夏の過ごし方をしていましたが、、、

山ならではの遊びをご紹介!

 

■ジップライン

木から木へと張られたワイヤーロープをハーネス付きの滑車で駆け巡るアドベンチャーです!

まるで空を飛んでいる気分になります。

世界中で大ブレイクしている山の遊びです。

遊園地のジェットコースターとはまた違う快感が味わえます。

■ラフティング

山遊びの定番ですね。

激流や急流を乗り越えて川を下るラフティングです。

一度は体験しておきたいですね。遊園地のアトラクションとはレベルが違います。

本物の水しぶきは容赦ありません。

覚悟して遊びましょう!

■バンジージャンプ

風や水しぶきをあびて恐怖心を克服できるかもです!

バンジージャンプは私個人的には怖くてできませんが、これはある島の成人の儀式から始まったみたいですね。

バンジージャンプをやった後は、なんとも言えない達成感があるとか、、、

■山のバーベキュー

外でコンロを囲むバーベキューはアウトドア派の定番ですね。

夏休みだからこそゆっくり計画を立てて楽しめます。

キャンプ場ですると用具が現地でレンタルしている所があります。

テーブルやチェアーを揃えて、毎年の定番にするのもお勧めです。

解放感あふれた外食ですね!

夏の定番「カキ氷」

夏といえば「カキ氷」です!

私はアイスクリームよりカキ氷派です。

最近のカキ氷は昭和の時代のカキ氷と違ってフワフワですね。

綿を食べるような感覚です。

お店によっては富士山の天然氷を使用したカキ氷を売りにしたり、

蜜の代わりにヨーグルトをかけたり、、、

昔のカキ氷より楽しめるんです!

昔はカキ氷といえば「イチゴ味」「メロン味」「ブルーハワイ」「抹茶金時」などが定番でしたが、

現在はキャラメルソースや紅茶カキ氷などバラエティあふれるカキ氷がたくさんあります。

お値段もそれなりにしますが、、、

カキ氷で1000円を超えると食事ですね(笑)

しかし、それだけの価値あり!

氷ではなくバニラアイスをそのまま削っているお店もあります。

ふわふわのバニラカキ氷にチョコレートソースがかかっているのをイメージしてみてください!

今からでも食べたい気分ですね!

夏といえば連想するのが海と山とカキ氷!(まとめ)

これから夏の計画をされる皆様へ。

学生時代と違って、

収入はあるのにお金を遣う時間がない。

休みがない。

そんな中、唯一お盆休みで夏休みがあるという人も多いと思います。

自宅でゆっくりするのもよし!車で出かけるのもよし!

夏を満喫できる気分は夏ならではの遊びをすることです。

夏といえば海・山です。

【海の遊び】

・スイカ割り
・ビーチバレー
・ビーチフラッグ
・水鉄砲
・バーベキュー
・花火

【山の遊び】

・ジップライン
・ラフティング
・バンジージャンプ
・山のバーベキュー
・グッドネイバーズ・ジャンボリー

少しでも夏を楽しめるといいですね!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。