【メガネ部品編】鼻パッドや先セルの交換は大手チェーン店がお得!

メガネの部品ってけっこう高いです。

鼻パッド(鼻あて)は1組500円だったり、メガネのツルの部分はフレームの3分の1の金額だったり、、、

今回はお気に入りのメガネが壊れた場合のお得な対処法をお伝えいたします!

スポンサードリンク

メガネのパーツは高い!

メガネは色んなパーツで成り立っています。

・フロント

・テンプル(ツル)

・鼻パッド

・先セル

・フチなしのネジ

これらのパーツは基本的にお金がかかります。
この中で鼻パッドと先セルは無料で交換してくれるお店があるのです。(交換前に確認してください)

個人店は基本的に有料が多いです。
パーツも仕入れ値が発生しているので当然なんですが、それを無料で交換してくれる店が存在するのです!

プラスティックの鼻パッド・・・300円(税抜き)
シリコン鼻パッド・・・500円(税抜き)
3D鼻パッド・・・800円~1000円(税抜き)

このプラスティックとシリコンの鼻パッドは大手チェーン店は無料にしてくれるお店も多いので問い合わせしてみましょう!
店頭には価格が書いてあるにもかかわらず「今回はサービスで」と無料にしてくれるお店もたくさんあります。

鼻パッドの交換で300円~500円も払わないでいいようにしましょう!

もったいないですよね(^^♪

先セル(ツルの先のプラスティック部分)も1組600円~1000円かかりますが、これも無料でしてくれるお店も多いです。
個人店はこれも有料ですので気をつけましょう!

メガネの保証は店によって全く違う

メガネ店のシステムは似ているようで全く違います。

何が違うかといいますと、簡単にいうと無料か有料の違いです。

メガネは安くなったといっても高いのは高いのです。

メガネを購入する前にお店に確認しておくこと、3点

①度数保証の有無
→保証がある場合、保証期間と保証回数について。(できれば保証書に詳しくメモをしてもらうのもアリです)
いつまでが保証可能であるか、けっこう忘れがちです!

②フレームの保証と期間
→フレームの保証内容を正確に聞いておく。

なにもしないで壊れた場合のみ保証、または自分で壊しても保証

お店によって全然違います。

できれば保証期間と内容が充実したお店で購入するのが望ましいですね(^^♪

まとめ

お店によってサービスが違うのは当たり前ですが、無料と有料では雲泥の差ですよね!?

ちょっとお店に確認するだけで500円~1000円の得だったり、手厚い保証を受ける事ができたりします。

必ずメガネは購入する前に保証内容や値段の詳細を確認しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。