【紫外線】日焼けは目から!長袖を着ていてもなぜか日焼けをする話

7月は夏休みの季節ですね!

学生さんがうらやましいかぎりです!

7月と言えば紫外線が気になる季節です。

薄着になると肌に直接紫外線を浴びます。

その為、暑い中、紫外線カット機能つきの長袖を着る女性も増えますね。

長袖を着ても目から日焼けするって聞いたことないですか?

あれは本当なんですよ!

だから目を紫外線から守らないとダメですね。

メガネ店では視力矯正だけじゃなく、紫外線対策でご来店する人が年々増えています。

今回は認定眼鏡士ローシーが目から日焼けをするメカニズムを解説いたします。

スポンサードリンク

紫外線とは

紫外線とは目に見えない有害光線の事です。UV(ウルトラバイオレット)です。

目に見えない光と目に見える光があります。

まずは可視光線を紹介します。

波長が長い順番に

」 「」 「」 「」 「」 「」 「

これが目に見える光です。

全部まざると透明になります。

では目に見えない光を紹介します。

赤外線と紫外線です。

①←「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」→②

①が赤より外の光で「赤外線」

②が紫より外の光で「紫外線」

です。

今回、日焼けの問題は②の紫外線です。

紫外線(UV)は目に悪い!

紫外線は目に蓄積します。

それがドライアイや充血の慢性化につながる事もあります。

また有名な眼病で「白内障」の原因になります。

肌では「しみ」「そばかす」の原因にもなります。

目から日焼けのメカニズム

目に紫外線が入ると「脳」が防衛反応を起こします。

→脳が体内にメラニン色素という防衛物質を出すように命令します。

この「メラニン色素」が肌を黒くする原因です。

肌に直接紫外線が当たった時と同じように日焼けがおこります。

生涯、健康な目を保つためには「紫外線(UV)対策」が重要です!

※メラニン色素とは紫外線が肌の皮膚の細胞を破壊するのを防ぐために生成される防衛物質です。
過剰に生成すると「シミ」や「そばかす」の原因にもなります。

紫外線(UV)対策【目を守るために!】

メガネをつくる時には「UV400」がついているレンズを選ぶ!

プラスチックレンズは基本的に紫外線をカットする機能がついています。

「UVケア」でも90%以上は紫外線をカットします。

「UVケア」よりさらにカットするのが「UV400」です。

メガネの店員さんに確認するとすぐ教えてくれます。

レンズは無色でも紫外線はカットします。

色の濃さは紫外線カットには関係ありません

色の濃さは可視光線の問題です

目に見える光がまぶしい場合、可視光線透過率が少ないサングラスほど色は濃くなります。

メガネはレンズから紫外線を通さない状態ですが、レンズと目の間から紫外線は入ってきます。

単純に紫外線カットだけが目的の場合はできるだけレンズの面積が広いものを選びましょう!

度数を入れるメガネでレンズの面積が広いと歪みを感じやすくなります。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。