ディスポとうまくお付き合い!ネット購入は1DAYがお勧め!

最近、コンタクトレンズをネットで購入している人が増えていますね。

購入する事は悪くないとして、購入までの流れがよくない場合があります。

現用のコンタクトレンズの度数と同じでいいからといって

・安易にレンズ種類を勝手に変えてしまったり、、、
・カラコンがいいから度数は同じでカラコンを選んだり、、、

以前も話しましたが、度数が同じであれば種類は何でもいいわけではないんです。

今回はネットで購入する時に注意する事と個人的にお勧めレンズをお伝えいたします。

何かの参考にしていただければ幸いです。

ディスポとは?

ディスポとは「使い捨て」のことです。
コンタクトレンズは進化していますが、どう頑張っても眼に対しては異物でしかありません。

眼の表面の角膜に異物を着けるわけです。

どんなにコンタクトレンズメーカーが頑張っても、裸眼の状態と比べると目には良くない状態です。
それでも視力矯正アイテムとしては素晴らしいものがあります。
眼の健康を考えると1カ月タイプより2週間タイプ、2週間タイプより1週間、というように使用可能な期間が短いほど眼に対しては安心です。1番の要因は汚れです。使用者のレンズケアのレベルによっては非常に危険な状態になります。

衛生面を考えると1DAYが一番安全です。理由は毎日、毎回新品のレンズを目に入れるからです。
1DAYタイプは一回レンズを外すと同じ日でもレンズは変えないといけません。

だから衛生面は1DAYタイプが一番なんです。

コストは一番高いですが、目の安心を考えると1DAYが一番お勧めです!

コンタクトレンズ購入に必要なデータは?

まずはデータだけで説明します。

コンタクトレンズを購入する時に必要なデータ

・度数
・BC(ベースカーブ)
・サイズ

度数について
S・・・球面度数 例)S-3.50
C・・・乱視度数 例)C-0.75
AX・・・乱視軸 例)AX180°

まずはこのデータが必ず必要です。
乱視を矯正してない場合はS(球面度数)のみデータが必要になります。

BC(ベースカーブ)について
このBCがあっていないとズレやすかったり動きにくかったり、不具合が生じます。

素材については、酸素透過率など目に対して良いレンズを選ぶ事を心がけましょう!
※決して値段で決める事のないようにしてください。目に異常が起きた場合、結局1回の病院代で元が取れるかもしれません。

レンズによっては数十年前から変わっていない昔からの素材を使用しているレンズがあります。

コンタクト通販.comなら激安価格でコンタクトが買える♪

トーマスDからのお勧めレンズご紹介!

個人的にお勧めするレンズをご紹介いたします。

一日使い捨てタイプ

【ジョンソンエンドジョンソン】
オアシス1DAY

【アルコン】
トータルワン
※潤い成分が多い分、レンズの取り外しが滑りやすい場合があります。

【クーパービジョン】
プロクリアワンデー

【ボシュロム】
アクアロックス1DAY

サークルレンズ

【ジョンソンエンドジョンソン】
1DAYディファインモイスト

【シード】
アイコフレ

※サークルレンズは使う場合、ワンデー以外はお勧めいたしません。



 

ネットで購入する場合も1DAYがお勧め(まとめ)

コンタクトレンズは眼に対しては異物にすぎない。

衛生面を第一に考えましょう!コストを1番に考えても一度の疾患で元だとれるくらい医療費がかかるかもしれません。

それならば、眼病にもならずに便利に過ごしたいですよね?

それならばコンタクトレンズの種類は1DAYのディスポがお勧めです!

ケア用品を買う必要もないです。なぜなら1回使い捨てだからです。1日の中でも一度はずしたレンズは処分です。

コスト第一ではなく、衛星第一に選ぶ事をお勧め致します。

コンタクトレンズをネットで購入できるシステムがあります。

だからといって安易に何を買ってもいいわけではありません。

正しい流れを説明します。

【現状、コンタクトレンズを使用している場合】
レンズの度数やBC、サイズは使用しているレンズのパッケージに記載されています。
注意点は同じ度数で買うにいしても一度、眼科を受診する事をお勧め致します。

理由:現状のコンタクトレンズの度数が合っているかを確認するだけでもいいので眼科を受診しましょう。
※合っていない場合は眼科の先生が教えてくれます。
処方箋を発行していない眼科であれば、最小単位のレンズを購入しましょう。
一度購入するとデータが分かります。

【初めてコンタクトレンズを買う場合】
必ず眼科を受診してください。レンズの脱着方法も習いましょう!
処方箋を発行していない場合は最小単位のレンズを購入しましょう。
データはそれでわかります。


ABOUTこの記事をかいた人

認定眼鏡士として、またメガネ店のマネージャーとしてサービスを追求してまいりました。 眼科勤務7年目、在職中。空いた時間を活かし、一般用医薬品販売の専門資格の登録販売者試験に合格してセルフメディケーションもバッチリです。